オタ録ブログ

あるオタクの思考と嗜好をキロクしたブログ。アニメ・マンガ・ゲーム・フィギュアを中心としたカルチャー雑記

フィギュア『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』シリーズ(ALTER)をディスプレイしてみた

f:id:alterEgo:20181121223546j:plain

フィギュアファンにとっては周知の事実だと思いますが,ALTER(アルタ-)のフィギュアのクオリティは群を抜いて優れています。その中でも『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』はすばらしい仕上がりです。2015年の「南ことり」の販売からスタートし,2017年の「絢瀬絵里」の販売で9人全員が出揃いました。

僕は「ことり」を手に入れた瞬間,あまりの出来の良さに感激し,全員揃えることを決意しました(もちろん,それなりに¥はかかりましたけどね)。

特に「矢澤にこ」は凄まじい仕上がりでしたね。造形,彩色,ポージング,どれをとっても完璧と言っていい作品です。その後も,一人また一人と製品が届くたびに,大興奮で出迎えたものです。

そんなわけで,めでたく9人揃ったわけですが,これをどうやってディスプレイするかは大いに悩みました。ただケースに並べるだけだとぜったいに面白くない。ならば…

ライブステージを作ってしまおう!

『ラブライブ!』といえばライブなわけですから,やはりステージを作ってディスプレイしてあげるのが一番だと思いました。そこで使用したのが,Yellow Submarine(イエローサブマリン)のライブキットです。イエローサブマリンは楽天市場にショップがありますので,簡単に手に入ります。

まず,「マルチプレート」という製品でステージのベースを作ります。

f:id:alterEgo:20181121215244j:plain

こんな感じで段差を付けることにより,後列に配置したフィギュアもよく見えるようになります。ここまで仕上げるのに「マルチプレート」をいくつ使ったことやら…数は忘れてしまいましたが,お知りになりたい方は遠慮なくご質問下さい。

次に,「トラスセット」という商品で,ステージを囲っていきます。

 これを使うことで,ライブステージの雰囲気がぐっと高まります。

f:id:alterEgo:20181121220352j:plain

こんな感じでパーツを組み上げていきます。これ自体は単純な作業なんですが,今回のように大きいステージを作るには何十個と必要ですので,かなり根気が必要でした。

スポットライトを使おう!

 ここまででもかなり立派なステージになるのですが,イエローサブマリンはこのトラスにマッチするLEDのスポットライトも販売してますので,せっかくだからと思い試してみました。

 このスポットライトは,白・赤・青・ピンクと各色あります。僕はこれに加えて,ワンフェスで手に入れた限定色の緑も使いました。

ただ,このスポットライトの設置はとにかく面倒…特に配線の取り回しが難しく,気がおかしくなりそうでした。しかも32個も使いましたので,配線周りは大混乱です。

f:id:alterEgo:20181121221644j:plain

こんな感じです。でもまあ,こんな乱雑な配線も,ライブステージっぽいと言えなくもありませんね。スポットライトの設置は面倒ですが,特にピンクの発色はとてもきれいなので,是非オススメです。

完成!

 

f:id:alterEgo:20181121222728j:plain

 ちょっとわかりづらいですが,縦41/横81/高40cmのステージが出来上がりました(ちなみにケースはあみあみの「オクタショーケース」です)。ここまで長かった… 

f:id:alterEgo:20181121222139j:plain

 スポットライトを付けるとこんな感じです。フィギュアをディスプレイしてみると…

f:id:alterEgo:20181121223139j:plain

f:id:alterEgo:20181121225312j:plain

f:id:alterEgo:20181121223326j:plain

苦労した甲斐があったというものです。我が矢澤のにこにーも輝いております。さらに照明を完全に消して撮影すると,こんな感じの撮影もできます。

f:id:alterEgo:20181121223453j:plain

 とまあこんな感じで,フィギュアのディスプレイも手間(と¥)をかければ色々と面白いことができるものです。ご参考までに。