アニ録ブログ

あるオタクの思考と嗜好をキロクしたブログ。アニメ・マンガ・ゲーム・フィギュアを中心としたカルチャー雑記

フィギュア『Fate/stay night セイバーオルタ』(movic)レビュー

2018年の大晦日,「Fate Project大晦日TV スペシャル2018」にて劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel] I. pressage flower』が地上波初放送されました。 僕はすでに劇場で鑑賞済みでしたが,改めて観てみると「桜ルート」の妖しさが絶妙に表現されており,素晴らしい作品に仕上がっていると感じました。『II. lost butterfly』の公開も間近です。今後も楽しみですね。

www.fate-sn.com

『I. pressage flower』のラストシーンでは「セイバーオルタ」が登場していました。FGOでは量産されている「◯◯オルタ」ですが,「セイバーオルタ」はその元祖とも言えるキャラクターです。各メーカーから様々な商品が販売されていますが,今回は2008年(!)に販売された,夢のカグツチノ公国・戸田聡さんの「セイバーオルタ」を紹介したいと思います。

この作品は,もともと戸田さんが1/10スケールで作成していたガレージキットを1/8にスケールアップして商品化したもので,なんと10年前の作品です。なぜこんなに昔のフィギュアを紹介するのかと言えば,「この異色の作品がとてつもなく素晴らしいから」の一言に尽きます。以下の写真をご覧になればご理解頂けると思います。

作品データ

メーカー:ソリッドシアター(2008年)→ムービック(2011年再販)

サイズ:1/8(全高約190mm)

原型:戸田聡(夢のカグツチノ公国)

彩色:情報なし

価格:7,429円(税別)

作品レビュー

原型 彩色 ポージング
5 5 5
情報量 価格 平均
4.5 5 4.9
・各項目は5点満点で0.5点刻みの配点。

 

まずは全身をご覧下さい。

f:id:alterEgo:20190106024912j:plain

f:id:alterEgo:20190106024929j:plain

f:id:alterEgo:20190106024944j:plain

f:id:alterEgo:20190106025002j:plain

f:id:alterEgo:20190106025019j:plain

f:id:alterEgo:20190106024614j:plain

f:id:alterEgo:20190106024631j:plain

f:id:alterEgo:20190106024647j:plain

この全身像からもお分かりのように,何よりも「禍々しさ」を全面に押し出した造形です。「かっこよさ」を表現した他の作品と比べて,異色であることがお分かり頂けると思います。

 

f:id:alterEgo:20190106024328j:plain

f:id:alterEgo:20190106024704j:plain

甲冑の表現や,血管が浮き出たようなラインの表現も見事です。

 

f:id:alterEgo:20190106024722j:plain

f:id:alterEgo:20190106024053j:plain

ブーツやグローブの意匠も大胆かつ美麗。うっかりすると,このトゲトゲが手に刺さります。

 

f:id:alterEgo:20190106024312j:plain

スカート部分が風になびく様子もダイナミックで素晴らしい。

 

f:id:alterEgo:20190106024415j:plain

剣のメタリック塗装も丁寧な仕上がりです。

 

f:id:alterEgo:20190106024343j:plain

アルトリアのシンボルである髪型も丁寧。細部まで作り込んであります。もちろん,アホ毛はありません。

 

f:id:alterEgo:20190106024017j:plain

台座はごくシンプルです。実は相方(現時点ではネタバレになるので正体は一応伏せておきます)のフィギュアと台座をジョイントさせてディスプレイすることもできます(後日レビューします)。

 

f:id:alterEgo:20190106024357j:plain

頭部はバイザー付き(右)とバイザーなし(左)があり,簡単に交換可能です。僕は仁王像のようにカッと目を見開いた左の顔が圧倒的に素晴らしいと思います。

 

戸田聡,唯一無二の解釈

f:id:alterEgo:20190106024111j:plain

f:id:alterEgo:20190106024128j:plain

戸田さんのフィギュアに関しては,以前『Fate/Apocrypha ジャンヌ・ダルク』(マックスファクトリー)のレビューでも触れたように,とにかくその大胆な解釈が独特です。唯一無二と言っていい。『Heaven's Feel』と言えば,Fateシリーズの中でも最も禍々しく妖しい雰囲気をまとった作品です。戸田さんの「セイバーオルタ」はその禍々しさを強烈に表現していて,ともすればオリジナルのビジュアルを凌駕しているとさえ言えるでしょう。

www.otalog.jp

この戸田さんの「セイバーオルタ」は,僕がフィギュアコレクションを始めたきっかけともなった作品です。もちろん,オリジナルからかけ離れた顔の造形は賛否あることでしょう。しかし一方で,オリジナルに制約を受けず,原型師が自らの解釈を伝え切っているという点では,この作品は単なる商品にとどまらず,一種の「アート」になっていると思います。

これだけ素晴らしい作品ですが,現在は販売されておらず,転売屋がプレミアを付けた商品がAmazonにあるのみとなっています(ですのでAmazonのリンクは貼りません)。販売元のグッドスマイルカンパニーさんにはぜひ再販をお願いしたいところです。

劇場版二部を観よう!

先ほども触れましたが,2019年1月12日から『Fate/stay night [Heaven’s Feel] II. lost butterfly』のロードショーが始まります。みなさんもぜひ劇場に足を運び,この「セイバーオルタ」の活躍(暗躍?)をご覧下さい。

www.fate-sn.com

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(完全生産限定版) [Blu-ray]