アニ録ブログ

あるオタクの思考と嗜好をキロクしたブログ。アニメとマンガを中心としたカルチャー雑記。

「白身魚(堀口悠紀子)イラスト展」(@有楽町マルイ)レポート:白身魚は背景の細部に宿る

f:id:alterEgo:20201014211504j:plain

有楽町マルイHPより引用 © shiromizakana/エス編集部 © shiromizakana

www.0101.co.jp

twitter.com

『らき☆すた』(2007年春・夏),『けいおん!』(2009年春),『たまこまーけっと』(2013年冬),『HELLO WORLD』(2019年)などのキャラクターデザインで知られる堀口悠紀子。彼女は「白身魚」の名義でも雑誌や小説のイラストを手掛けているが,その中からアナログ画材で描かれたものを集めた自選作品集『真昼の月』が先日出版された。これを記念して開催されたのが本展示会である。2020年8月に松坂屋名古屋店で開催されていたのが好評を博し,この程,東京でも開催される運びとなった。

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

  • 作者:白身魚
  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: 単行本
 

展示会データ

会場:松坂屋名古屋店→有楽町マルイ

会期:【名古屋】2020年8月5日(水)~8月17日(月) 【東京】2020年10月11(日)〜10月20(火)

チケットグッズ* 付きチケット:1,000円(税込)一般チケット:800円(税込)高校生以下:600円(税込)* 作品集表紙と同じ図柄(本記事のアイキャッチ)のクリアファイル。

その他:写真撮影不可。各種グッズ販売あり。目玉は「版画」(30,800円(税込))。イラスト制作風景の映像展示あり(数分)。鑑賞所要時間の目安は30分程度。

白身魚(堀口悠紀子)プロフィール

 

1983年京都生まれ。2003年に京都アニメーションに入社し,『らき☆すた』『けいおん!』などのキャラクターデザインなどを手がける。その後,京都アニメーションを退社し,現在はフリーランスとして活動。「白身魚」はイラストレーターとしての別名義であり,他に『季刊エス』では「どちび」名義を使用することもある。なお,ライトノベル『ソードアート・オンライン』シリーズ(2009年-)のイラストで知られるBUNBUN(『ソードアート・オンライン』では「abec」名義)は実弟である。

twitter.com

キャラクター:普遍にして特殊

 

柔らかい輪郭線,繊細な目の表情,丸みを帯びた優しいシルエット,破綻のない自然なポージング(これは極めて重要な要素だ)。ティーンを描かせたら右に出る者はいないというくらい,どの点を取ってもずば抜けた魅力を放っている。派手な特徴付けをしていないにもかかわらず,一見して彼女の作品とわかる強い個性。それだけに,その魅力はいつまでも古びることがない。〈普遍にして特殊〉。それが彼女の作品の最大の特徴だ。 

本展示の作品はすべてアナログ画材を使用しており,かつ発色等の調整をしていない原画状態のままの展示(展示冒頭の挨拶文にその旨の記載がある)であるため,彼女の筆致の柔らかさが一層引き立つ展示になっている。髪や制服など,色の濃い部位の彩色も複雑で繊細な濃淡が付けられており,非常に表情が豊かだ。制作風景を映した映像展示では,彼女の筆の運びをじっくり目にすることができる。

背景:白身魚は細部に宿る

しかし,彼女の作品で注目すべきなのは人物だけではない。人物の背後に広がる背景の描画も見事である。汚れた歩道のタイル舗装,路傍の錆びた金網,フェンスのビス,店の軒下の配線など,町の風景の細部が驚くほど細かく描き込まれている。淡い彩色で控えめに自己主張をするそうした背景美術の中に,人物が溶け込むように配置されている。キャラクターを引き立たせるレイアウトの妙だ。

『季刊エス』に掲載された作品群の中に,学校の教室の窓を描いた作品がある。薄っすら汚れた天井や柱,コンセントとプラグ,掲示物とそれを留めるセロハンテープなどが細かく描かれている。窓の外には青空が広がっている。誰もが一度は見たことがある風景だ。人物は描かれていない。にもかかわらず,つい目を止めてしまうほど不思議な魅力を放っている。彼女の作品において,背景美術そのものが価値を持っていることを示す小品だ。

キャラクターの存在感は自己完結しているわけではない。キャラクターの置かれた状況やその心情に最もふさわしい背景の中に配置された時に初めて,その魅力が最大限に発揮されるのだ。白身魚は,背景美術を丁寧に描き込むことでキャラクターの存在感を成立させる,卓越した技術を持っている。だからこそ,静止したイラストから物語が生まれる。それは,彼女のアニメーターという出自から得られた感性なのかもしれない。

会期は2020年10月20日(火)までだが,機会のある方はぜひご覧になって欲しい。ここに紹介した彼女の作品の魅力を再確認して頂けることと思う。

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

—白身魚 自選イラスト集— 真昼の月

  • 作者:白身魚
  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: 単行本