アニ録ブログ

あるオタクの思考と嗜好をキロクしたブログ。アニメとマンガを中心としたカルチャー雑記。

評価基準について

◆アニメとマンガについては,以下の10項目で5段階・0.5点刻みの評価をしています。

【キャラ】
〈感情移入できるかどうか〉は不問。客観的に見て,キャラの描き分けが妥当か,全体との調和がとれているかなどを評価します。いわゆるキャラの〈作画〉もこの項目で評価します。

【モーション】
バトルシーン等の動きのあるシーン以外にも,キャラの個性にあった動きになっているかなどを評価します。

【美術・彩色】
単に〈美麗かどうか〉よりも,キャラ・ドラマ・メッセージとの調和を評価します。

【音響】
本編で流されるBGMやその他の音響効果に関するポイントです。あくまでも〈効果〉を優先しますので,〈敢えてBGMを使わない〉などといった演出も,作品とマッチしていれば評価します。

【声優】
僕は悠木碧さんの大ファンですが,贔屓にならないよう注意します。

【OP/ED】
オープニングとエンディングのアニメ・主題歌に関するポイントです。原則として,劇場アニメに関しては採点対象外の項目とします。

【ドラマ】
仮に明確な物語がなくても,全体として調和がとれていれば高評価です。

【メッセージ】
作品から読み取れ,なおかつ言語化できる“思想”のようなもの。〈テーマ〉とも言えます。

【独自性】
仮に〈パクリ〉〈オマージュ〉などがたくさんあったとしても,メッセージや演出に独自性があれば評価します。

【普遍性】
「10年後に観ても面白いと思えるか」が基準です。

◆アニメのレビューでやってはいけないことが3つあると思います。
【作品を侮辱すること】以前,ある批評家がある有名作品を「ゴミ」と呼んだことがありましたが,どれだけ有名な批評家であろうと,どれだけ作品がつまらなかろうと,作品に最低限の敬意を表しない人間を僕は信用しません。
【ファンを侮辱すること】レビューサイト等では「このアニメを評価してるやつは○○だ」のような発言をよく見かけますが,これは作品の評価ではなく,単なる人格攻撃。問題外です。
【作品を観る前から批判すること】「次のクールは不作だ」などのような意見もよく見かけますが,観る前から作品を貶めるのも,真摯な態度とは言えません。

レビューは〈価値を減ずるもの〉ではなく,〈価値を付加するもの〉であるべきですね。